郡山から少し足を伸ばして、裏磐梯の五色沼に行ってみることにしました。五色沼に来たのは何十年ぶりでしょうか。昔、子供の頃に連れられてきて、その不思議な色は未だに憶えていました。
まずは、毘沙門沼で手漕ぎボートに乗ってみました。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

ボートから見た湖岸の緑は、とてもきれいでした。

五色沼

ボートを降りると、ちょうどそこで運よく幸せを招く鯉「五色沼ハート鯉」にめぐりあうことができました!あまり写真がハートをうまく写せていないのですが、腹の横の赤いハートを確認しました。

五色沼ハート鯉数日前、NHKの朝のテレビでちょうどこちらのハート鯉の紹介をしていたせいか、多くの人が争って鯉の写真を撮っていました。

五色沼ハート鯉五色沼ハート鯉

真夏の季節でしたが、湖畔では、まだアジサイがきれいに咲いていました。

五色沼いくつかの沼を散策路に沿って、見てみることにしました。ボートに乗った毘沙門沼から、赤沼~みどろ沼へ

五色沼五色沼

やまゆりがきれいに咲いていました。歩いていて近くに寄っただけでかなり強い花粉の匂いに気づきました。真夏なのでセミが大きな声で鳴いています

五色沼山百合五色沼で鳴いていたセミ

少し、曇っているとはいえ、真夏なので歩いているとさすがにかなり暑く感じます。途中に沢があるとその音でホッと癒されます。

五色沼の沢毘沙門沼から一時間弱歩いたところで時間の都合もあり、弁天沼まで行って引き返すことにしました。やっぱり沼の色は、不思議な色で美しかったです。

五色沼五色沼から、磐梯山の山沿いの道を通って、道の駅ばんだいに行くことにしました。磐梯山の頂上の方は、今日は曇って見えないのが残念でしたが、猪苗代湖の方角の景色がきれいに眼下に広がっています。

猪苗代湖

道の駅ばんだい五色沼から車でだいたい40分くらいで「道の駅ばんだい」に到着しました。

こちらの道の駅は、ドッグランが併設されているので、犬連れのお客さんが多いようです。

日曜日のせいか、結構来客が多く、駐車場に車を誘導する係の人がいるくらいです。最近、道の駅は人気なのですね。

 

 

ちょうど旬の季節の福島の桃と、近くの会津のトマト、そのほかいくつかの野菜を購入して東京へ帰ることに。

道の駅 福島の桃道の駅 会津のトマト

道の駅ばんだいは、山を一望できる、なかなか気持ちの良い道の駅でした。

道の駅ばんだい

(8月9日訪問)