食と地酒もりっしゅ「食と地酒 もりっしゅ」は、JR郡山駅1Fにある「福島の個性豊かな地酒と食を気軽に楽しめる地酒バー」です。

東京に帰る新幹線まで、少し時間があったので、こちらのおすすめメニュー「唎き酒セット」をトライしてみました。

こちらの「き酒」は、普通の「利き酒」ではなく、口へんに利という字のメニューです。お酒を口に含んで、しっかりと吟味してほしいというお店の意思のようなものを感じますね。毎月、紹介する地酒は変わるようですが、このときは、郡山市の渡辺酒造雪小町や二本松市の大七酒造純米生もと、など4種類のお酒でした。

地元の食材を活かした5種類の酒の肴もついていて、1500円はちょうど手頃なお値段です。

食と地酒もりっしゅ

入店したときは、たまたま空席があって入ることが出来ましたが、土曜日の夕方5時過ぎということもあってか、少しするとお客さんがどんどん入ってきて、すぐに満席になってしまいました。

店員さんが、カウンターのお客さんにお酒についての情報をさりげなく伝えているところがなかなかいい感じでした。

会津ソースカツ

 

ちょっと、小腹の空いていたので、「会津ソースカツ」というメニューを追加注文してみました。やや厚さが薄めなのですが、それがちょうど食べやすくて、しつこくなく酒のつまみにはちょうどよいと思いました。

 

エスパル地酒コーナー

 

お酒は、もちろん美味しかったですが、酒の肴についていた「岩魚味噌」が、あまりにおいしかったので、たずねてみると、エスパル郡山の地酒コーナーで売っているということを教えていただいたのでで、さっそく購入して帰ることにしました。味噌と岩魚の味が融合した初めての深い味わいでした。

 

ちょうど、「郡山美味しい街フェスティバル」というスタンプラリーが実施中で、こちらのお店でもスタンプを押してもらいました。3つのお店のスタンプで応募ができます。今回は、向山製作所表参道カフェ、郡山ビューホテルアネックスのレストランスプーンとこちらのもりっしゅでスタンプをもらいました。商品が当たるといいな。

郡山駅天井

 

エスパル郡山を出て、郡山駅の天井を見上げると、須賀川商工会議所のこんな見事な垂れ幕?が。なかなか、迫力のあるいい絵ですね。

 

 

 

かんのやシュークリーム

 

エスパル郡山で帰りの新幹線の中で食べようといくつかスイーツを買いました。

右は、「かんのや」のシュークリーム。かんのやと言えば「ゆべし」が定番ですが、今回はシュークリームがおいしそうに見えたので。皮がサクサクしていておいしかったですよ。

 

三万石クリームボックスもうひとつは、ままどーる「三万石」のクリームボックス。このかわいい箱入りのクリームボックスは前回売り切れだったので、家族から今回は買ってきてほしいと頼まれていました。

こんな箱に入っていたら、ちょっと持っていくのにも便利ですね。

何個かクリームボックスを買ったら、ままどーるをオマケにつけてくれました!これもうれしいです。

三万石クリームボックス

 

中は、こんなふうになっています。箱に入っているとクリームがくっつかないのもいいですね。

家族にお土産を渡す前に、自分でもひとつおいしく食べてしまいました。

(2015年5月23日訪問)