国内最大規模の風力発電施設、布引高原(郡山市)の風車を見に行ってみることにしました。

先日、東京ビッグサイトでの「再生可能エネルギー世界展示会」で福島県の再生可能エネルギーのブースを

見学したので、実際の所も見てみたいと思ったからです。

(下の360度カメラの写真は読み込みに少し時間がかかるかもしれません)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

「郡山布引風の高原」は、猪苗代湖の南西にあります。(郡山市湖南町)
郡山の駅からは、車で約45分くらいでした。レンタカーで行ったのですが、カーナビで検索しても名前は出てきません。(地元のレンタカー屋さんにカーナビの設定をお願いしたのですが、15分くらいかかってもできませんでした。)

後で、わかったのですが、「湖南行政センター(TEL024-983-2111)」を入力すると、近くまでは行けるようです。(湖南町まで行けば、立札の表示に従って着くことができます。途中からは、山の上に風車も見えてきます。)

布引風の高原は、標高約1000mとのことで、途中からは、曲がりくねった急な坂道を行くことになります。

布引風の高原高原からは、猪苗代湖、磐梯山などが一望することができます。少し、ガスっていましたが比較的天気が良く、風がヒンヤリしてとても気持ちがいいです。こちらは冬は、通行止めになるくらい寒いところのようです。

こちらの風車は、高さは約100m、翼の直径は71mです。全部で33基あり、年間の発電量は約35,000世帯分とのこと。郡山市の世帯数が137,000なので、大体4分の1の電力は、この風車で賄える計算になります。

見える限り全ての風車が、ゆっくりと回転していました。あまり風が強くなかったせいか、そんなに風車の音も聞こえませんでした。(近くに熊が出る様で威嚇の鉄砲の音は、時折聞こえます。)

コスモスの花がいくつか咲き始めていました。

布引風の高原高原には、風車や電力についての説明書きなどは特にないのですが、ウォーキングコースは整備されています。

1kmのコースと1.5kmのコース2つがありました。

展望台も遊歩道の先にあったようですが、車を停めた所から、結構遠く見えたので断念しました。(ただ、後でやっぱり展望台からの写真も撮るべきだったと後悔しました。)

 

 

布引風の高原こちらの高原には、ひまわりがたくさん植えられています。麓の辺りの畑周辺のひまわりの花は咲いていましたが、まだこちらのひまわりは全く咲いていませんでした。10日くらい早すぎたようです。残念。。。

布引風の高原

そのうち、また花が毎回の天気のいい日に来てみたいですね。

(8月8日訪問)